Tea Tree 
ネイル,ボディージュエリーサロンそして日常
プロフィール

shi

Author:shi
紫あずき、名前をshiに改め、復活しました。

ランキング参加してます^^

FC2 Blog Ranking



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



お小遣い稼ぎ

FC2ブログジャンキー アフィリエイト


フルーツメール



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読み終わった
PA0_0327.jpg殺人の門
 著 東野圭吾


どれぐらい時間が掛かったでしょうか・・・・・
しっかり読む時間が全く無くて、それでも寝る前のほんの僅かの時間に1ページ、2ページと進めて、今日、やっと読み終わりました。

合気道の稽古を休んでしまったので、読み終わるぐらいの勢いでないと。。。。と思ってたら、終わってしまいました。


『倉持修を殺そう』と思ったのはいつからだろう。
悪魔の如きあの男のせいで、私の人生はいつも狂わされてきた。
そして・・・・・


殺人者になるために、私に欠けているものは一体何なのだろうか?
人が人を殺すという行為は如何なることか。


上記のようなことが本の裏に書いてありました。
ある種ちょっと特別な性格の人間との交わり、自分の意志とは別に、翻弄され、狂わされるが、殺意を持ちながらもまた違った一面を見せられ、何時の間にか惑わされ、殺意を萎えさせられる、自分に欠けているもの、、、、、それは・・・


私的に、
なんとな~く、な、本でした。
凄く面白いって程でもなく、かといってとてもつまんないって訳でもなく。。。。
淡々と読み終わりました。
そして、昨日、次に読む本を買ったので、期待して読みたいと思っています。
これも東野圭吾の『手紙』ずっと前から読みたかったのぉ~・・・
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://murasakiazuki.blog83.fc2.com/tb.php/38-c7e52cc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。