Tea Tree 
ネイル,ボディージュエリーサロンそして日常
プロフィール

shi

Author:shi
紫あずき、名前をshiに改め、復活しました。

ランキング参加してます^^

FC2 Blog Ranking



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



お小遣い稼ぎ

FC2ブログジャンキー アフィリエイト


フルーツメール



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の秋
ランキング参加してます^^
応援ポチ☆をよろしくお願いします♪


こちら参加してます^^
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村
blog_DSC_4394.jpg
大阪に帰省する前でした。
ビデオのレンタルに行こうと思ったのかは忘れました、ただ単に本屋に入って
本を物色したかっただけだったのかも知れません。
本屋で本を見るのって好きなんですよね^^
頭が良くなった気がして・・・・
で、この本を見つけたので、即買いしました。
読みかけの本があまりに難しくて進まないので、こっちから読む事に。
私、1冊読み終わらないと次に行かないタイプなんですが、それだけ難しい本に
挑戦中なんですよね。。。。
息抜きと言っちゃ失礼なんですが、大ファンの東野圭吾さんの本なんで、
慣れもあって読みやすいです。
大阪は電車移動が多いので、本は必須。
ただ、簡単に読み終わったんです。
大阪に帰り着いたその日、電車で事故があったらしく、
1時間ほど足止めをくらったんです、その時に随分ページが進みました。
電車の中ってする事ないですからね、、、、本を持ってて助かりました。
が、仕方無いので、またすぐ本を買う事に。。。。。

blog_DSC_4393.jpg
難波のツタヤが好きなんです。
店員さんのコメントが沢山付いてあって、読書意欲をそそるコメントが書いてあるので、
手が伸びるんですよね。
文庫本のコーナーは小さいスペースなんですけど、充実してるんですよね・・・・
こっちでも見習って真似したらいいのにって思うぐらい。
で、これもグッドタイミングで見つけました。
東野圭吾の白銀ジャック、帯に書いてある通り、新刊がいきなり文庫になるって事
ありえませんよね?
いつも文庫になるのを待って買いますから。
電車に乗るのに重たい思いしてまで読みませんから必然的に文庫本になるのは仕方無いです。
なので、これも即買いました。


東野圭吾のファンの方なら、もう手に取って読まれてると思います。
感想はどうしましょう。。。。。
裏表紙だけ書いておきましょうか^^

『夜明けの街で』
不倫する奴なんて馬鹿だと思っていた。ところが僕はその台詞を自分に対して発しなければ
ならなくなるー。
建設会社に勤める渡部は、派遣社員の仲西秋葉と不倫の恋に墜ちた。
二人の仲は急速に深まり、渡部は彼女が抱える複雑な事情を知ることになる。
15年前、父親の愛人が殺される事件が起こり、秋葉はその容疑者とされているのだ。
彼女は真犯人なのか?渡部の心は揺れ動く。
まもまく事件は時効を迎えようとしていた・・・・・。

『白銀ジャック』
ゲレンデの下に爆弾が埋まってるー
「我々は、いつ、どこからでも爆破ができる」。
年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。警察に通報できない状況を
嘲笑うかのように繰り返される、山中でのトリッキーな身代金奪取。
雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。
すべての鍵は、1年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。
今、班員との命を賭けたレースが始まる。圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、
痛快サスペンス!

blog_DSC_4397.jpg
実は、甥っ子、姪っ子も本を読んでたりするのね。
で、今、話題の『告白』を持ってると言うので、借りて帰りました。
松たか子がコマーシャルでやってるのを見て読む気になったそうです。
映画化されてるのって結構沢山ありますよね。
話題作だしいつか読もうと思って気になってたのです。
1日で読み終わる時間が無いと思ったので、鹿児島まで持って帰りましたが、
家事やら色々終わって空いた時間を使っても2日掛かりませんで、読み終わりました。
面白かったので、レンタルしてみようと思います。
甥っ子と姪っ子の感想は聞きました。なるほど~と思いましたが、
色々な本を読むとある程度の事だと刺激を感じないと言いますか。。。。。
これは私がこんなに読書に嵌るきっかけになった読書家の後輩の言葉だったんですが、
『刺激を求め過ぎて、海外の作品にまで手を出してそれを求める』
少々の事では、驚かなくなるんです、麻痺って怖いですね^^;;;


『告白』
「愛美は死にました。しかし事故ではありません。
このクラスの生徒に殺されたのです」
我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白から、この物語は始まる。
語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、次第に事件の全体像が
浮き彫りにされていく。
衝撃的なラストを巡り物議を醸した、デビュー作にして、第6回本屋大賞受賞のベストセラーが
遂に文庫化!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

新しい娘(息子の嫁さん)も東野圭吾さんファンで全部読んでるようです。
彼女は書店勤務(福岡の紀伊国屋書店)で働いてるので本とは切っても切れないようで
読書家のようです。
じーじも読書家を自負してたんですが最近はあんまり読まなくなりました。
(目が悪くなって眼鏡がないと読めないんで・・・それがうっとうしくて)
ところで銀座アスター懐かしく拝見しました、
今度大阪に帰省した時に食べに行くことにします!!
【2010/10/28 21:23】 URL | 博多のじーじ #HfMzn2gY [ 編集]


お返事
博多のじーじさんへ・・・紀伊国屋?いいですねぇ~。
私も過去に本屋で働きたいと思った事がありましたが、本を読みたい衝動に駆られて仕事にならないなぁって^^;;;
でもって、長く本屋さんに居ると、トイレに行きたくなるので、ダメですね~
読みたい本は沢山あります。
お嫁さん推薦の本があったら教えてくださ~い☆
銀座アスターお薦めですよ^^v
【2010/10/30 09:24】 URL | 紫 あずき #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://murasakiazuki.blog83.fc2.com/tb.php/1534-6ca3ac73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。