Tea Tree 
ネイル,ボディージュエリーサロンそして日常
プロフィール

shi

Author:shi
紫あずき、名前をshiに改め、復活しました。

ランキング参加してます^^

FC2 Blog Ranking



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



お小遣い稼ぎ

FC2ブログジャンキー アフィリエイト


フルーツメール



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティートゥリー
ランキング参加してます^^
応援ポチ☆をよろしくお願いします♪


こちら参加してます^^
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村
blog_DSC_3893.jpg
背中の粉瘤(アテローム)もだんだん小さくなってきて、
一日に3回つけてたのを、時に1回忘れてることもあります。
そんなティートゥリーは何にでも使えるんですね^^
手の甲に何だかにきびのような物が出来てたので、ずっと塗布してました。
ある時、掃除をしていたら、そのにきびのような物が襖にぶつかって、皮がむけたんです。
ティッシュで押さえたので、分かりませんが、汁と血が出てたんです。
当然皮もむけたので、ちょいと痛い。


blog_DSC_3894.jpg
ここでティートゥリーの出番です。
瘢痕形成作用もあるし、原液塗布しても大丈夫な精油なので、
傷テープのガーゼの部分にティートゥリーを垂らし、そのまま貼り付けました。
主婦なんで、水を使う機会も多いでしょう?
そのまま塗布するだけでは水で洗い流す可能性も高いです。
なので、テープで貼り付けました。


傷は右手の甲の部分、なので、写真は
左手で撮りました。
左手なのにこれだけ撮れたら良くないですか???
もしかしたら、右手で撮るより綺麗に撮れてたりしてぇぇぇぇ~

で、傷の方ですが、すでに綺麗に新しく皮が出来ております。
たった一日いや、半日?
夕方に傷テープを貼って、お風呂に入る時に外してそのまんまですから、
いやぁ~やっぱり恐るべしティートゥリーの威力。
これぞまさしくメディカルアロマテラピーですね。。。。。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

こちらで教えていただいたティートゥリー、私もお腹周りなどのできものにお風呂上りに塗るようにしていたところ、かなりいい状態です。
今までは汁が出たり血が出たりと悲惨な状態になることも多かったのですが、そのようなことはまったくなくなり、きれいに新しい皮ができています。
すばらしいです!
本当にありがとうございます!
【2010/08/01 21:29】 URL | Kucha #WBaqTNLc [ 編集]


お返事
kuchaさんへ・・・おお、お試しになられましたか???
驚きでしょう?
西洋医学がまだ抗生物質などの患部にだけダイレクトに効果的な薬を開発するまでは、
先人達が、薬草を煎じて飲んだり、貼り付けたりしてたんですよね。
今、また昔のそういった自然の力を借りる、自分の身体を知るって事が見直されているのだと
思います。
精油は、1種類でも作用が沢山あるので、薬のように患部にだけ効果があると言うものではありません。
身体の一番ケアしないといけないところにまず作用するようです。
そういった事から免疫力を上げる事もアロマを勉強して感じた事です。
粉瘤は出来やすい体質だったり、生活習慣も(食事とか)見直さないといけないようですね^^;;;
【2010/08/02 00:26】 URL | 紫 あずき #- [ 編集]


お久しぶりです~
コメントありがとう!!

こんなにすごい薬があるんですね。
なんだか薬がよくわからなくて・・アメリカから持ち帰ったものでしのいでます。
むこうに行ったときは、その逆だったのに、おかしいよね。

>>
今はお仕事やめておうちにいるんですね。
大変そうだったから・・しばらくはゆっくりしてね。
テレビは・・恥ずかしいし見なくて正解でした。(笑)
【2010/08/02 07:05】 URL | 勇気凛りん #y91fxv6I [ 編集]


勉強になりますね~。いいこと教えてもらいちゃいました☆
バンドエイドで密着させて浸透させるのがいいんでしょうか。
ダニに刺されたところに試してみます!

左手で撮った写真、妙にピントの合わせ具合が絶妙に仕上がってますね。
【2010/08/02 19:07】 URL | yuki #- [ 編集]


お返事
凛々さんへ・・・有難うございます。
この精油は、薬ではなくて、雑貨扱いなんです。
なので、治りますとか本当は言えないのですよ、全部自己責任なんです。
自分の身体で人体実験です^^;
が、フランスではお医者さんが処方してたりするそうで、医薬品扱いなんだそうです。
そんな事から、やっぱり日本って遅れてるんでしょうか???
アメリカに住む叔母は、何かの手術って帰ってきて日本でするとか言ってましたけど、値段の問題だったかな~??
いや~、本当にテレビで見たかったです、残念。また出る時は教えてくださいね。

yukiさんへ・・・粘膜のところに出来た粉瘤は、ちゃんとガーゼにテープでクレイで作るのですが、これぐらいの傷なら面倒臭いので、こんな手抜きしちゃいました^^;
私個人の意見ですが、これで水が染みて痛いって事はなくなりました☆
【2010/08/03 08:34】 URL | 紫 あずき #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://murasakiazuki.blog83.fc2.com/tb.php/1421-b96a1217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。