Tea Tree 
ネイル,ボディージュエリーサロンそして日常
プロフィール

shi

Author:shi
紫あずき、名前をshiに改め、復活しました。

ランキング参加してます^^

FC2 Blog Ranking



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



お小遣い稼ぎ

FC2ブログジャンキー アフィリエイト


フルーツメール



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならいつか
ランキング参加してます^^
応援ポチ☆をよろしくお願いします♪


こちら参加してます^^
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村
blog_DSC_3303.jpg
サヨナライツカ 著 辻 仁成


裏表紙より
『人間は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと愛したことを思い出すヒトにわかれる。
私はきっと愛したことを思い出す』。
”好青年”とよばれる豊は結婚を控えるなか、謎の美女・沓子(とうこ)と出会う。
そこから始まる激しくくるおしい性愛の日々。
二人は別れを選択するが二十五年後の再会で・・・・・。
愛に生きるすべてのヒトに捧げる渾身の長編小説。


感想。
裏表紙の最初にある、人間は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと愛したことを思い出すヒトに
わかれる。
私はきっと愛したことを思い出す。。。
が、キーセンテンスになるのですが、この本においては、愛したことを思い出すって片思いみたい
ですけど、同時にそれだけ愛されたってことなんじゃないかな?と思いました。
沓子は最初『愛されたことを思い出す』って言うのですが、私はこの沓子ってヒトの行動って
思いっきり愛してるってふうに思えて仕方ありませんでした。
なのにこんな風に言うってことは、このヒトは寂しがり屋なのか?とも。
ネタばれするので、書きませんけど、読み進めて行くうちに気持ちがわかるようになります。

ただ、”好青年”と呼ばれた豊って男性とだけは結婚したくないし、付き合いたくもないと思いました。
なんとなく、この著者がこんな人なんだろうか?色々世間を騒がせた経歴がありませんでしたか?
ちらっと思ってしまいました。

こんなに早くこの本を手にするとは思ってなかったのですが、行った本屋が思いのほか冊数のない
店で、仕方無くこの本の中から手に取るならこれしかないかな~?と思って買った1冊でした。

次は太宰の『ヴィヨンの妻』かなぁ・・・・
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。